プログラミング教育ってホントに効果があるのかな!?

さて、本日のテーマはプログラミング教育についてです

一応プログラミング教育についてざっくり説明しておくと、プログラミングに幼い頃から触れていると、論理的思考力が身について、発想力とか創造力も身について、

子どもが色々なことが考えられる頭の良い子になりまっせ、あーこりゃこりゃというものです(ホントにざっくりですがw)

ちゃんと知りたい人はこちらとかに載ってるんで見てみて下さい

さて、このプログラミング教育、僕個人としてはとても有益なものに思えます

実際に自分の生徒達を見ていても、プログラミングに触れることで明らかに思考が深まり、細部に渡って物事を考えられるようになったり、表現の幅が広がったり、発想の幅が広がったり、他者視点で物事が考えられるようになったり、期待されるような効果を既に獲得している子ども達は大勢います

ただ、気をつけないといけないのは、これらの子どもたちの全員が(少なくとも僕の知る限り)プログラミングをやらせようとしなくてもやる子達ばかりでした

基本的にこれは教育全体について言えることですが、大人が意図して子どもにやらせようとしたことはほぼ100%失敗します

2020年に日本ではプログラミング教育が義務化されますが、それによってプログラミングに触れる子どもが増えるのは大変喜ばしいことです

しかし、それを指導する大人が、プログラミングをやらせようと躍起になりそうだなと思います

そして、それによって、工夫すればプログラミングを好きになる可能性があるのに、嫌いになってしまう子どもが増えそうだなと、僕は勝手に心配しています

例えるなら学校教育における作文、数学など本来奥深いのに入り口で誤解されているもの達のように

因みにプログラミングを子どもにどうしてもやらせたい場合、一つ有効なコツがあります

教育におけるプログラミングの良き点は、パソコンを通したデザイン全般が絡んでいれば、何とでも結びつけられ、作成物をパワーアップさせられる点だと僕は考えています

なので、まずは最初にプログラミングに触れさせて、子どものハマり度を見ます

この場合、Scratchなどのプログラミング学習ソフトで手頃なゲームを作ってみるのが良いと思います

それで、楽しい!!もっとやってみたい!!となればプログラミングで表現したいことを表現してみれば良いと思います

問題はそうならない場合です

その時はコンピュータで行う別の表現をしてみましょう

絵を描いてみても良いし、3Dモデリングをしてみても良い

作曲したって良いし動画を作ってみても良い

無理にプログラミングにこだわらなくても、コンピュータの魅力に触れていればいつかは繋がります

作成したものをプログラミングで動かしてみるだけでも結構テンション上がるし、そうするとプログラミングもっとやりてーってなりますw

逆に一番やってはいけないのは、楽しそうじゃないのに強引にやらせることです

そうしたら多くの人々が幼い頃に抱いた読書感想文に対する嫌悪と、似た感情を子どもに抱かせることになるでしょう

因みに何をやらせてもあまりハマり感がない場合は親が子どもに何かをやらせようとしすぎてないかをそもそも疑った方が良いです

子どもの意見を聞く前に親がやらせようとしている場合、子どもは自分で意志決定をしなくなります

最後になりましたが、実はプログラミング教育における効果は、何かを真剣にやっていれば他のことでも得られます

通常の学校の勉強でもしかり、サッカーでもしかり、ピアノでもしかり

要するに自分がやりたい事をやっていて、そこに目的意識があればなんだって良いんです

ただ、プログラミングの場合、先述したように間口を広く設けることができるので汎用性を持たせやすいという点では有意であると思います

まぁ、とりあえず運動よりゲームのほうが好きそうだったらプログラミングやらせてみましょうかw

2 Comments on “プログラミング教育ってホントに効果があるのかな!?

  1. 好きなことをさせる、そして漫然とではなく学びを得られるような環境をいっしょに作ることが、大人の役目かもしれませんね。

    • 環境を用意するまでは手伝うにしても、最後の決定は子どもにさせていくのが、大事だなって思います
      まぁ色々かさなると、やらせなきゃいけないことばっかりになったりしちゃうんですけど、実はやらせなきゃいけないことってそんなにないんですよね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です