Unity

Unityでのジャンプ【Rigidbody,CharacterControllerどちらも対応】

投稿日:

はじめに

Unityでジャンプを実装する場合にはいくつかの方法があります
その中でも、よく使われるのが、

です

CharacterControllerとRigidbodyは一つのオブジェクトに両方ともつけてしまうと、挙動がおかしくなってしまうので、
適宜使い分けましょう

CharacterControllerを使用したジャンプ

CharacterControllerをつける

プレイヤーを選択し、AddComponentをおします

検索欄に「cha」と入力し、CharacterControllerを選択します
※コライダー(当たり判定)がついていない場合はつけておきましょう

スクリプトの作成

Create → C#Scriptをおします

スクリプトの名前をJumpにします

入力するスクリプト

入力したらプレイヤーにドラッグ&ドロップします

プレイヤーを選択し、JumpPowerに好きな数字を入力します
※8ぐらいがオススメです

テストプレイをしてみると

スペースキーをおしたらジャンプします

Rigidbodyを使用したジャンプ

Rigidbodyをつける

プレイヤーを選択し、AddComponentをおします

検索欄に「ri」と入力し、Rigidbodyを選択します
※2Dの場合は、Rigidbody2Dを選択します

スクリプトの作成

Create → C#Scriptをおします

スクリプトの名前をJumpと入力します

入力するスクリプト

入力したらプレイヤーにドラッグ&ドロップします

プレイヤーを選択し、JumpPowerを入力します
※400ぐらいがオススメです

地面にタグをつける

地面を選択し、UnTaggedをおし、AddTagをおします

「+」をおし、タグの名前をGroundと入力し、Saveをおします

地面を選択し、UnTaggedをおし、Groundを選択します

テストプレイしてみると

スペースキーをおしたらジャンプします

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


Unityで地面の当たり判定を足元だけ取得する【3D】 | ゲタバコ倶楽部 (げたばこくらぶ) へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

秋田のローカルタレントマティログさんのAR写真アプリ

この作品の経緯 秋田のローカルタレントマティログさんが運営するシンプルシナジーに出演した時に作成したものです 操作説明 左下のアイコンをクリックすると、マティログさんが登場します クリックしてアフロ出 …

no image

UnityでTextを使って文字を作成する

文字を作成する Create → UI → Textをおします 作成した文字の設定をする 設定の内容 ①文字の座標 ②表示する文字 ③文字の大きさ ④文字の揃える位置 ⑤Overflowにすると全部表 …

no image

秋田総研のAR作ってみた

こちら

ARプレゼンツール

使用用途 2020.3.27に秋田総研さんが主催したオンラインプレゼン大会Talk Your Will Akita(TYWA)で使用したARプレゼンツールです Unityでカメラを映し、その空間内にA …

no image

C#の構造とルール

Unityのデフォルトのスクリプト

C#スクリプトはいくつかエリアに分かれているので、まずはそのエリアについて解説します C#の機能や …

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 92856総閲覧数:
  • 180今日の閲覧数:
  • 66047総訪問者数:
  • 153今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com