Unity

Unity2018のArgumentException: Value does not fall within the expected rangeへの対処法

投稿日:

さて、Unityで2018にアップデートすると、
ArgumentException: Value does not fall within the expected rangeというエラーがずっと出ていることがあります

このエラー、どうやらVisualStudio関係のエラーらしく、ずっと出続けて何やらウザいです

特にゲームは問題なく動くのですが、作成したスクリプトを開くたびに新しく、ウィンドウが作成されて微妙にイライラします

対処法としてVisualStudioを消して再インストールすれば治ります

VisualStudioのインストールはこちら

ただ、このVisualStudio、インストールしようとすると結構エラーが出てインストールが進まなくなることがあります

そういう時は元々入れていたVisualStudioが完全に削除されていないのが原因です

VisualStudioは色々なフォルダに作成されるので全部消しきることが大切です

Windowsの場合はこちら
macの場合はこちら

全部消しきって再インストールしたら、

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

ランダムな場所にクローン生成

Unityで二段ジャンプを実装する【Rigidbody Ver】

地面にはGroundというタグをつけましょう タグのつけ方はこちらを参考にしてください スペースキーでジャンプして更に、もう一度押すと …

Unityでマインクラフト風のマップをランダム生成する

今回やること 画像のようにマイクラ風のマップを自動で生成するツールを作成します こちらを参考にしましたが、マイクラのようにブロックの高さがきっちり分けられるようにしたかったので直してみました マップを …

blenderで火の鳥のロビタを作ってみた

さて、休日というものは得てして暇なものです そんな時はなんとなくPCで適当にものづくりしてみる 何しよっかなーと考えた結果、最近手塚治虫大先生の火の鳥を読み返しているのでその中に出てくるロビタを作って …

no image

EffecSeerを使ってゲーム用のエフェクト作りに挑戦

さて、EffecSeerというソフトを使ってゲーム用のエフェクト作りに取り組みました このソフト、数値をいじったり、テクスチャを貼り付けたり、更には3Dモデルを読み込んだりと色んな技を使ってエフェクト …

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 92867総閲覧数:
  • 191今日の閲覧数:
  • 66057総訪問者数:
  • 163今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com