Unity

Unity2018のArgumentException: Value does not fall within the expected rangeへの対処法

投稿日:

さて、Unityで2018にアップデートすると、
ArgumentException: Value does not fall within the expected rangeというエラーがずっと出ていることがあります

このエラー、どうやらVisualStudio関係のエラーらしく、ずっと出続けて何やらウザいです

特にゲームは問題なく動くのですが、作成したスクリプトを開くたびに新しく、ウィンドウが作成されて微妙にイライラします

対処法としてVisualStudioを消して再インストールすれば治ります

VisualStudioのインストールはこちら

ただ、このVisualStudio、インストールしようとすると結構エラーが出てインストールが進まなくなることがあります

そういう時は元々入れていたVisualStudioが完全に削除されていないのが原因です

VisualStudioは色々なフォルダに作成されるので全部消しきることが大切です

Windowsの場合はこちら
macの場合はこちら

全部消しきって再インストールしたら、

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Scratch → Unity対応表を使って迷路ゲームを作ってみよう

今回作るゲーム 今回やることの説明 こんな感じの迷路ゲームを作っていきます。 今回はキャラの移動を実装していきます。 それ以外の要素はパッケージに入っているので、 パッケージのPlayerスクリプトに …

Unityの便利機能を使いこなそう #1 Terrainでステージを作ろう

はじめに 今まではScratchを基にして、こちらやこちらのように、実際にコードを書いていくということをやりました Unityにはプログラミング以外にもゲームをリッチにする機能が備わっています ここで …

Unityでスマホ対応のVRを作ろう

今回やること VR空間の宝島を冒険して宝を探すゲームをUnityで作ります バージョンは2018でやっていますが恐らく他のバージョンでも問題ないと思います VR用のカメラを入れる UnityRemot …

Unityの便利機能を使いこなそう #2 CharacterControllerでプレイヤーの移動とジャンプを実装しよう(マリオ風、バイオハザード風、フォートナイト風色々あるよ)

CharacterControllerの説明 さて、今回はCharacterControllerというものを使って、プレイヤーの移動とジャンプを実装していきたいと思います CharacterContr …

no image

ゲタバコ先生のVRを創ろう #1

さて、一昨日ぐらいからVRを作り始める とりあえずは①眼の前にあるスマホの動きに合わせてキャラが動くようにしていく そして、②手持ちのスマホ(僕はスマホを持っていないのでとりあえずタブレット)で実機テ …

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 9735総閲覧数:
  • 0今日の閲覧数:
  • 6310総訪問者数:
  • 0今日の訪問者数:

住所
Tokyo,Japan

営業時間
月火: 終日
水~金: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動を発信するページです
仕事の依頼、メッセージ等お気軽にご連絡ください

住所
123 Main Street
New York, NY 10001

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土日: 11:00 AM – 3:00 PM