Unity

Unity2018のArgumentException: Value does not fall within the expected rangeへの対処法

投稿日:

さて、Unityで2018にアップデートすると、
ArgumentException: Value does not fall within the expected rangeというエラーがずっと出ていることがあります

このエラー、どうやらVisualStudio関係のエラーらしく、ずっと出続けて何やらウザいです

特にゲームは問題なく動くのですが、作成したスクリプトを開くたびに新しく、ウィンドウが作成されて微妙にイライラします

対処法としてVisualStudioを消して再インストールすれば治ります

VisualStudioのインストールはこちら

ただ、このVisualStudio、インストールしようとすると結構エラーが出てインストールが進まなくなることがあります

そういう時は元々入れていたVisualStudioが完全に削除されていないのが原因です

VisualStudioは色々なフォルダに作成されるので全部消しきることが大切です

Windowsの場合はこちら
macの場合はこちら

全部消しきって再インストールしたら、

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

UnityでRigidbodyを使ってアスレチックアクションを作ろう

今回作るゲーム 移動やジャンプをして、ゴールを目指すシンプルなアクションゲームです 今回やること プレイヤーの移動 プレイヤーのジャンプ アイテムを配置する 制限時間を作る パッケージのダウンロード …

no image

C#の構造とルール

Unityのデフォルトのスクリプト

C#スクリプトはいくつかエリアに分かれているので、まずはそのエリアについて解説します C#の機能や …

秋田のローカルタレントマティログさんのAR写真アプリ

この作品の経緯 秋田のローカルタレントマティログさんが運営するシンプルシナジーに出演した時に作成したものです 操作説明 左下のアイコンをクリックすると、マティログさんが登場します クリックしてアフロ出 …

no image

UnityRemoteで起動するスマホを指定する

スマホをPCに接続します Edit → ProjectSettings をおします Editor → Noneをおして、 iPhoneならiPhoneの機種、 androidなら Any androi …

no image

blender→Mixamo→Unityまでのモデリング、テクスチャ、リギング完全マスター

Unityで使うキャラクターをblenderで作成し、テクスチャを貼り付け、MixamoでアニメーションをつけてUnityにいれる 以下のショートカット集は自分がよく使うショートカットですがそれらをチ …

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 171079総閲覧数:
  • 126今日の閲覧数:
  • 126216総訪問者数:
  • 103今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com