blender

blenderで下絵を入れて人体をモデリングするチュートリアル

投稿日:2019年2月20日 更新日:

最初にやること

これがblenderの画面です

Aボタンを押して全選択し、Xで削除します

何もなくなりました

ノートパソコンの場合、下絵を使うのに設定が必要です
下絵は必要であればリンクからダウンロードしてください

ファイル → ユーザー設定をおします

入力タブのテンキーを模倣にチェックを入れて、ユーザー設定の保存をおします

下絵をいれる
画面の分割をします
右上の三角形を左にドラッグします

下絵を開きます
左の画面でNをおして、下絵にチェックを入れ、画像を追加をおします

座標軸を正面にして、開くをおします

開きたい画像を選んで、画像を開くをおします

左の画面で5キー→1キーの順におすと下絵が表示されます

下絵を見てどんな作り方をするのかを考えます
頭、手は球体、腕、足、胴体は円柱を変形させて作っていきます

頭のモデリング
Shift + A で図形を出します
メッシュ→UV球を選択します

四角の部分をおして表示のしかたをワイヤーフレームにします

赤い矢印や青い矢印をドラッグして中央に移動させます

S→Zとおして縦に伸ばして縦の長さを下絵に合わせます

形を変えていくので、モードをオブジェクトモードから編集モードに変えます

選択のモードを辺選択モードに変えます
※見当たらない場合、マウスのホイールを回転させると表示されます

適当な横の辺でALT(macはOption)を押しながら右クリックをおして囲むように選択して、Sをおし、幅を合わせます
※辺が交わっていない部分で選択すると横方向に、交わっている部分で選択すると縦方向に選択できます

こんな感じに少しずつやっていきます

すべての横の辺を調整します

図形を更に追加する時はオブジェクトモードにします

胴体のモデリング
顔の時と同様にShift + Aをおして、円柱を追加します

顔の時と同様に中央に移動させて、縦の長さを合わせます

形の調整をしていくので、編集モードにします

円柱の面を分割します
Ctrl + Rをおしてピンクの線が横に入ったら、マウスのホイールを回転させて面を分割して一回クリックし、0をおしてEnterキーで確定します

顔の時と同様にAlt + 右クリック で囲むように選択して、Sで幅を合わせていきます

こんな風に全部合わせ終わったら次にいきます

足のモデリング
円柱を出しましょう

円柱の高さを足の長さに合わせます

胴体の時と同様に面を分割します

分割した面を囲むように選択し、赤い矢印をドラッグして下絵の中央に移動させたり、Sをおして幅を合わせるというのをひたすら繰り返します

足を複製します
一旦オブジェクトモードに戻します

Shift + Dで複製され、XをおすとX軸に沿ってしか移動しなくなります
ちょうどいい場所でクリックして場所を確定します

複製した足を選択して、S → X → -1とおすとX軸方向に反転します

ちょうどいい場所に移動させて足が完成です

腕のモデリング
円柱を出しましょう

回転のYの部分に90と入力してY軸を中心に90度回転させます

今までと同様に長さを合わせます

今までと同様に編集モードにします

今までと同様に分割します

今までと同様に合わせていきます

全部合わせます

足と同様に複製してX軸に沿って移動させます

S → X → -1とおして反転させます

ちょうど良い位置に合わせます

手のモデリング
手は球体を合わせるだけです
下絵大きすぎたので適当な大きさに調整して下さい

反対側も複製して同じようにします
全部出来たら各パーツの位置をちょうどよく調整しましょう

複数オブジェクトを一つのオブジェクトにする
オブジェクトモードにした時にAをおして、すべてのオブジェクトを選択し、Ctrl + Jをおして一つのオブジェクトにします
その際に一部黒くなる場合があります

黒くなった場合、面が裏返ってしまっているので、編集モードにしてからCtrl + Nをおすと戻ります

色つけ
マテリアルアイコンをおして新規をおします

ディフィーズの色の部分をおして、好きな色を選びます

データの出力
ファイル→エクスポート→FBX(.fbx)をおします

Desktopを選択し、ファイル名を入力し、FBXをエクスポートをおします

アニメーション
アニメーションはmixamoというソフトでつけると楽です
アカウントを作ってログインしましょう

Select character fileをおします

先程出力したデータを選択して開くをおします

左下の矢印で向きを調整し、正面を向かせてNEXTをおします

画像のようにマーカーを設置してNo Fingers(25)を選択し、NEXTをおします
※モデルに指がある場合は該当する項目を選択します

しばらく待ちます(上手くいかない場合はここでエラーが出ます)
エラーが出た場合はモデルを修正しましょう
※パーツが離れていたり、極端に手足のバランスが悪いとエラーが出ます

成功するとモデルが動き始めます

今回は左上の検索欄にRunと入力し、Rifle Runのアニメーションを選択します(適宜作りたいゲームに合うアニメーションを選択して下さい)
選択したらInPlaceにチェックをいれ、DOWNLOADをおします
※必ず「走る」や「歩く」など場所を移動するアニメーションはInPlaceにチェックを入れるようにして下さい

そのままDOWNLOADをおします

同様に検索欄にIdleと入力し、Rifle Idleのアニメーションをダウンロードして下さい(適宜作りたいゲームに合うアニメーションを選択して下さい)

ダウンロードしたアニメーションのデータは一つのフォルダにまとめてUnityで使うことが出来ます

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-blender

執筆者:


  1. […] 敵キャラの作成についてはこちらにまとめてありますので参考にして進めて下さい […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

blenerでテクスチャを貼り付けよう

blenderで火の鳥のロビタを作ってみた

さて、休日というものは得てして暇なものです そんな時はなんとなくPCで適当にものづくりしてみる 何しよっかなーと考えた結果、最近手塚治虫大先生の火の鳥を読み返しているのでその中に出てくるロビタを作って …

no image

blenderでボーンの設定をしよう

no image

blender→Mixamo→Unityまでのモデリング、テクスチャ、リギング完全マスター

Unityで使うキャラクターをblenderで作成し、テクスチャを貼り付け、MixamoでアニメーションをつけてUnityにいれる 以下のショートカット集は自分がよく使うショートカットですがそれらをチ …

no image

blenderでアニメーションの設定をしよう

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 19705総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 12031総訪問者数:
  • 13今日の訪問者数:

住所
Tokyo,Japan

営業時間
月火: 終日
水~金: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動を発信するページです
仕事の依頼、メッセージ等お気軽にご連絡ください

getabakosensei@gmail.com