Unity

Unityでメッセージウィンドウでの会話機能を作る

投稿日:2019年3月24日 更新日:

スクリプトを貼りけるための空のオブジェクトの作成

Create → CreateEmptyをおします

名前をMessageControllerにします

会話機能のスクリプトの作成

Messageという名前のスクリプトを作成し、以下のスクリプトを入力します

入力したらMessageControllerにドラッグ&ドロップします

メッセージウィンドウの作成

メッセージウィンドウの枠の作成

Create → UI → Panelを選択します

UIの位置バランスが崩れないようにする

キャンバスを選択し、UI Scale ModeをScale With Screen Sizeに変更します

Reference Resolutionを画面比率と同じ倍率にします
※16:9なら1600:900という具合です。画面比率は初期設定だとFreeAspectになっているので、好きなサイズに変更しましょう

Panelの位置や大きさを変更して画面に合わせます

クリックアイコンの作成

Create → UI → Imageを選択します

ImageをPanelにドラッグ&ドロップします

アイコンに使う画像をImageを選択したままにして、SourceImageにドラッグ&ドロップします
※画像はなければ、自作するか、こちらを使って下さい

アイコンの位置や大きさを調整します

表示する文字の作成

Create → UI → Textを選択します

文字はパネルの下に来るようにドラッグして、文字の設定をします
※Canvasが画像のような構造になっていることを確認しましょう

会話を表示するスクリプトの作成

MessageScriptという名前のスクリプトを作成し、以下のスクリプトを入力します

入力したら、会話を実行するオブジェクトにドラッグ&ドロップします
※今回はプレイヤーにドラッグ&ドロップしています

MessageScriptを貼りつけたオブジェクトを選択し、スクリプトのMessageScriptにMessageControllerをドラッグ&ドロップします

MessageScriptのMessageの横にある▷をおし、Sizeに行数を入力すると、文字を打つことができます

MessageControllerを選択し、CanvasにはCanvasを、MessageTextにはTextをドラッグ&ドロップします

テストプレイをすると、文字が表示されます

複数の会話や表示されるタイミングを自分で決めたい場合

以下のようにMessageScriptを入力します

入力したら各会話の行数や内容を設定します

テストプレイをすると、ABCキーをおすと、それぞれ別の会話が表示されます
キャラクターに触れた時や、目的地に着いた時など条件を変えてみてください

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Unityで爆発エフェクトを呼び出す

スクリプトを作成する こちらを参考にスクリプトを作成して爆発させたいオブジェクトに貼り付けます スクリプト

爆発するオブジェクト、呼び …

no image

体力ゲージとダメージ処理

Create → UI → Slider とおします Sliderの中にあるHandle Slide Area を削除します Sliderを選択し、POSで位置を調整したり、Scaleで大きさを調整し …

no image

Unityのパッケージをインポートする方法

下記画像のようにAssets → ImportPackage → CustomPackageの順に押してインポートしたいパッケージを選びます。それだけですw

Unityの便利機能を使いこなそう #2 CharacterControllerでプレイヤーの移動とジャンプを実装しよう【マリオ風、バイオハザード風、フォートナイト風】

CharacterControllerの説明 さて、今回はCharacterControllerというものを使って、プレイヤーの移動とジャンプを実装していきたいと思います CharacterContr …

no image

UnityでTextを使って文字を作成する

文字を作成する Create → UI → Textをおします 作成した文字の設定をする 設定の内容 ①文字の座標 ②表示する文字 ③文字の大きさ ④文字の揃える位置 ⑤Overflowにすると全部表 …

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 85122総閲覧数:
  • 222今日の閲覧数:
  • 60368総訪問者数:
  • 179今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com