Unity

体力ゲージとダメージ処理

投稿日:2019年5月3日 更新日:

Create → UI → Slider とおします

Sliderの中にあるHandle Slide Area を削除します

Sliderを選択し、POSで位置を調整したり、Scaleで大きさを調整します
※POSを0、0、0にすると画面の真ん中にきます

Backgroundを選択して、Colorをおして色をかえます

Fillを選択して、Colorをおして色をかえます

体力とSliderを結びつけて、ダメージを受けたらSliderが減るようにスクリプトを書きます

using UnityEngine;
using System.Collections;
using UnityEngine.UI;

public class HP : MonoBehaviour
{
    public int hp = 5;//hpを5にする。SliderのMaxValueとValueはここの値に合わせます
    private Slider _slider;//Sliderの値を代入する_sliderを宣言
    public GameObject slider;//体力ゲージに指定するSlider

    // Use this for initialization
    void Start()
    {
        _slider=slider.GetComponent();//sliderを取得する
    }

    // Update is called once per frame
    void Update()
    {
        _slider.value = hp;//スライダーとHPの紐づけ
    }

    void OnTriggerEnter(Collider collision)
    {
        if (collision.gameObject.tag == "Enemy")//衝突した相手のタグがEnemyなら
        {
            hp -= 1;//hpを-1ずつ変える
        }
        
        if (hp <= 0)//もしhpが0以下なら
        {
            print("GameOver");//GameOverとコンソールに表示する
        }
    }
}

作成したスクリプトはプレイヤーにドラッグ&ドロップします

スクリプトをはりつけたらSliderをスクリプトにドラッグ&ドロップします

Sliderを選択し、MaxValueとValueをスクリプトで指定した値に合わせます
※今回の場合は5です

衝突判定を設定した敵に触れるとゲージが減ります

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


  1. […] HPゲージとダメージ処理 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Unityでシーンを切り替える

現在のシーンの登録 現在のシーンをセーブして、File → Build Settingsをおします Add Open Scenesをおして、×で閉じます 切り替えるシーンの作成 File → New …

Unityで複数の効果音を鳴らす

SE 効果音素材入れる Assets → Import New Assetをおします 入れたい素材を選択し、Importをおします スクリプトの作成 以下スクリプトを作成して効果音を鳴らしたいオブジェ …

no image

敵を全員倒したらクリア

using UnityEngine; using System.Collections; using UnityEngine.SceneManagement; public class GameCle …

UnityでRayに合わせてレーザーを出す

素材

no image

秋田総研のAR作ってみた

こちら

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 300744総閲覧数:
  • 27今日の閲覧数:
  • 231536総訪問者数:
  • 23今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com