Unity

衝突判定のまとめ

投稿日:

入力する箇所

衝突するオブジェクトがすり抜けない場合

{}の中には実行する内容を入力する

衝突するオブジェクトがすり抜けない場合の注意事項

  • Colliderをつける
  • どちらかにRigidBodyをつける

タグのつけかた

衝突するオブジェクトがすり抜ける場合

衝突するオブジェクトがすり抜ける場合の注意事項

  • Colliderをつけて「isTrigger」にチェックをつける
  • どちらかにRigidBodyをつける
  • 衝突するオブジェクトにタグをつける

CharacterControllerで衝突する場合

CharacterControllerで衝突する場合

  • どちらかにRigidBodyをつける
  • 衝突するオブジェクトにタグをつける

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


  1. […] 今回はあらかじめ設定してありますが、自分でやる場合には注意事項をよく読んで下さい […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

Unityの便利機能を使いこなそう #4 NavmeshAgentで敵のAIをつくろう

敵がついてくる範囲の設定 NavMeshAgentの追加と設定 敵が主人公を追いかけるスクリプトの作成

スクリプトを作成したら… スク …

Unityで剣の軌跡のエフェクトをつくる【3D】

今回やること 剣の斬撃エフェクトをパーティクルで作成します 剣で攻撃するキャラクターは別途作成しておきましょう 斬撃エフェクトの作成 Create → Effects → ParticleSystem …

Unityでカメラに映るまで敵を動かさないようにする

これで、カメラに映るまで敵は動かず、カメラに映ったら動くようになります

Unityの便利機能を使いこなそう #1 Terrainでステージを作ろう

Terrainについて Terrainはゲームの地形を作るツールです 画像のような地形を簡単に作ることができます Terrainを出す Create → 3D Object → Terrainを選択し …

no image

Unityで3Dシューティングアクションを作ろう④

今回やること 体力ゲージ ゲームオーバー ゲームクリア シーンを変えた時に画面が暗かった時の対応 体力ゲージ 体力ゲージの設定は以下の手順を踏みます。 HandleSlideAreaを削除する(これを …

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 83211総閲覧数:
  • 126今日の閲覧数:
  • 58872総訪問者数:
  • 28今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com