Unity

Unityで制限時間や得点を表示する

投稿日:




Score&Time

もくじ

得点を表示する

文字を作成

Create → UI → Textをおします

Canvasの横の▶をおし、Textをクリックし、名前をScoreに変えます

文字の設定

文字の位置や設定をします
設定についてはこちらを参考にしてください

スクリプトの作成

Creat → C#Scriptをおします

スクリプトの名前はScoreScriptにします

入力するスクリプト

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI; //UI機能を扱うときに追記する

public class ScoreScript : MonoBehaviour
{
    private int Score; //得点の変数
    public Text ScoreText; //得点の文字の変数

    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        Score = 0; //得点を0にする
    }

    // Update is called once per frame
    void Update()
    {
        ScoreText.text = "Score:" + Score.ToString(); //ScoreTextの文字をScore:Scoreの値にする

        if (Input.GetKey(KeyCode.Space)) //もし、スペースキーがおされたら、
        {
            Score += 1000; //Scoreを1000ずつ変える
        }
    }
}

作成したスクリプトをテキストにドラッグ&ドロップします

スクリプトのScoreTextにScoreをドラッグ&ドロップします

テストプレイをしてみると

スペースキーを押すたびに、スコアが増えていきます
※点数が増える条件は状況によって使い分けて下さい

制限時間を表示する

スクリプトの内容以外はスコアと同じなので得点を参考にしてください

入力するスクリプト

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using UnityEngine.UI; //UI機能を扱うときに追記する

public class TimeScript : MonoBehaviour
{
    private float LimitTime; //制限時間の変数
    public Text TimeText; //制限時間の文字の変数

    // Start is called before the first frame update
    void Start()
    {
        LimitTime = 60.0f; //制限時間を60にする
    }

    // Update is called once per frame
    void Update()
    {
        TimeText.text = "Time:" + LimitTime.ToString(); //TimeTextの文字をTime:LimitTimeの値にする
        LimitTime -= Time.deltaTime; //LimitTimeを時間の経過分ずつ減らす
    }
}

時間に使うテキストをドラッグ&ドロップします

テストプレイをしてみると

制限時間がどんどん減っていきます


このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

Unityでクリックしたところにブロックを置く

using System.Collections; using System.Collections.Generic; using UnityEngine; public class BlockCre …

no image

Unityのパッケージをインポートする方法

下記画像のようにAssets → ImportPackage → CustomPackageの順に押してインポートしたいパッケージを選びます。それだけですw

no image

Scratch → Unity対応早見表

使い方の動画はこちら♪ 動き transform.position += transform.TransformDirection(Vector3.forward * 10); ※3つの数字は回転する …

no image

EffecSeerを使ってゲーム用のエフェクト作りに挑戦

さて、EffecSeerというソフトを使ってゲーム用のエフェクト作りに取り組みました このソフト、数値をいじったり、テクスチャを貼り付けたり、更には3Dモデルを読み込んだりと色んな技を使ってエフェクト …

no image

AssetStoreの使い方

AssetStoreを開く Window → AssetStoreをおします 素材を検索する 検索のアドバイス キャラクターをいれたい : Character テクスチャをいれたい : Texture …

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 318853総閲覧数:
  • 122今日の閲覧数:
  • 246610総訪問者数:
  • 107今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com