Unity

UnityVuforiaでARを作る

投稿日:2019年10月15日 更新日:




AR

もくじ

Vuforiaの設定

アカウント登録

こちらよりVufolliaのサイトにいきます

右上のRegisterをおします

名前や会社名(何でもいいです)、国籍、メールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力します

ログイン

右上のLoginをおします

先程設定したメアドとパスワードを入力し、Loginをおします

I Agreeをおします

ライセンスキーの取得

Developをおし、Get Development Keyをおします

LicenseNameを入力し、チェックを入れてConfirmをおします
※LicenseNameな何でも良いです

作成したライセンスをクリックします

ライセンスキーが表示されるので、メモ帳などにコピーしておきましょう
※ライセンスキーは後ほど使います

データベースの作成

TargetManagerをおします

AddDatabaseをおします

データベースの名前を好きなように入力し、Deviceにチェックを入れ、Createをおします

作成したデータベースをクリックします

AddTargetをおします

マーカーに使う画像を選択し、開くをおします
※画像は色がハッキリしていて、サイズが100×100ぐらいの画像を作成しておきましょう

Widthには1と入力し、Addをおします

画像が追加されるので、チェックを入れ、DownloadDatabaseをおします

UnityEditorにチェックを入れ、Downloadをおします

名前を入力して、保存します

Unityの設定

Unityの画面を開きます

Vuforiaのインストール

Window → PackageManagerをおします

検索欄に「AR」と入力し、VuforiaEngineARを選択し、Installをおします

インストールが終わったら×をおして閉じます

データベースの導入

Assets → ImportPackage → CustomPackageをおします

先程作成したデータベースを選択し、開くをおします

Importをおします

ARに使う素材の準備

MainCameraを選択し、消します

GameObject → VuforiaEngine → ARCameraをおします

同じく、GameObject → VuforiaEngine → CameraImageTargetをおします

マーカー上に表示させる3DモデルをImageTargetにドラッグ&ドロップします

3Dモデルを選択し、Scaleを1,1,1にします

Unity側でのVuforiaの設定

Edit → ProjectSettingをおします

Playerを選択し、XRSettingをクリックし、
VuforiaAugmentedRealitySupportedにチェックを入れて、ウィンドウを閉じます

ARCameraを選択し、OpenVuforiaEngineconfigurationをおします

先程コピーしたライセンスキーを貼り付け、AddLisenceをおします

ImageTargetをおし、TypeをPredefinedを選択します

テストプレイをしてみると

カメラが起動し、カメラにマーカーをかざすと3Dモデルが出現します


このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

EffecSeerを使ってゲーム用のエフェクト作りに挑戦

さて、EffecSeerというソフトを使ってゲーム用のエフェクト作りに取り組みました このソフト、数値をいじったり、テクスチャを貼り付けたり、更には3Dモデルを読み込んだりと色んな技を使ってエフェクト …

Unityで剣の軌跡のエフェクトをつくる【3D】

今回やること 剣の斬撃エフェクトをパーティクルで作成します 剣で攻撃するキャラクターは別途作成しておきましょう 斬撃エフェクトの作成 Create → Effects → ParticleSystem …

Unityでメッセージウィンドウでの会話機能を作る

スクリプトを貼りけるための空のオブジェクトの作成 Create → CreateEmptyをおします 名前をMessageControllerにします 会話機能のスクリプトの作成 Messageという …

no image

Scratch → Unity対応表を使って迷路ゲームを作ってみよう

今回作るゲーム 今回やることの説明 こんな感じの迷路ゲームを作っていきます。 今回はキャラの移動を実装していきます。 それ以外の要素はパッケージに入っているので、 パッケージのPlayerスクリプトに …

no image

保護中: 凹ませマニア

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 253155総閲覧数:
  • 272今日の閲覧数:
  • 192896総訪問者数:
  • 202今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com