Unity

Unityでのジャンプ【Rigidbody,CharacterControllerどちらも対応】

投稿日:

はじめに

Unityでジャンプを実装する場合にはいくつかの方法があります
その中でも、よく使われるのが、

です

CharacterControllerとRigidbodyは一つのオブジェクトに両方ともつけてしまうと、挙動がおかしくなってしまうので、
適宜使い分けましょう

CharacterControllerを使用したジャンプ

CharacterControllerをつける

プレイヤーを選択し、AddComponentをおします

検索欄に「cha」と入力し、CharacterControllerを選択します
※コライダー(当たり判定)がついていない場合はつけておきましょう

スクリプトの作成

Create → C#Scriptをおします

スクリプトの名前をJumpにします

入力するスクリプト

入力したらプレイヤーにドラッグ&ドロップします

プレイヤーを選択し、JumpPowerに好きな数字を入力します
※8ぐらいがオススメです

テストプレイをしてみると

スペースキーをおしたらジャンプします

Rigidbodyを使用したジャンプ

Rigidbodyをつける

プレイヤーを選択し、AddComponentをおします

検索欄に「ri」と入力し、Rigidbodyを選択します
※2Dの場合は、Rigidbody2Dを選択します

スクリプトの作成

Create → C#Scriptをおします

スクリプトの名前をJumpと入力します

入力するスクリプト

入力したらプレイヤーにドラッグ&ドロップします

プレイヤーを選択し、JumpPowerを入力します
※400ぐらいがオススメです

地面にタグをつける

地面を選択し、UnTaggedをおし、AddTagをおします

「+」をおし、タグの名前をGroundと入力し、Saveをおします

地面を選択し、UnTaggedをおし、Groundを選択します

テストプレイしてみると

スペースキーをおしたらジャンプします

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Unityの便利機能を使いこなそう #2 CharacterControllerでプレイヤーの移動とジャンプを実装しよう【マリオ風、バイオハザード風、フォートナイト風】

CharacterControllerの説明 さて、今回はCharacterControllerというものを使って、プレイヤーの移動とジャンプを実装していきたいと思います CharacterContr …

no image

攻撃判定

①当たり判定を出したいキャラクターにスクリプトを取り付ける ②取り付けたスクリプトのobjに出現させたい当たり判定をドラッグ&#038 …

Unityの便利機能を使いこなそう #1 Terrainでステージを作ろう

Terrainについて Terrainはゲームの地形を作るツールです 画像のような地形を簡単に作ることができます Terrainを出す Create → 3D Object → Terrainを選択し …

no image

Unityでオブジェクトに色をつける【Material】

マテリアルの作成 Create → Materialを選択します マテリアルに名前をつける マテリアルに色をつける inspector部分の色のアイコンをクリックすると色を選択出来るようになります オ …

【初心者向け】Unityで3Dシューティングを作るチュートリアル

今回作るゲームは画像のような3Dシューティングゲームです ス○ーフォッ○スみたいですねw まずはこちらのUnityパッケージをダウンロードして下さい パッケージを入れる方法はこちら プレイヤーの移動 …

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 42206総閲覧数:
  • 27今日の閲覧数:
  • 27924総訪問者数:
  • 23今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com