Unity

Unityで二段ジャンプを実装する【Rigidbody Ver】

投稿日:

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Player : MonoBehaviour
{
    [SerializeField]// SerializeFieldと書くとその次の変数がエディタ上で数値を調整可能になる
    private float JumpPower = 400;// ジャンプ力
    private Rigidbody rb;// Rigidbodyを扱うための変数
    
// Start is called before the first frame update    
void Start()
    {
        
    }

    // Update is called once per frame
    void Update()
    {
        if (JumpCount <= 1)//  もし、Groundedがtrueなら、
        {
            if (Input.GetKeyDown(KeyCode.Space))//  もし、スペースキーがおされたなら、  
            {
                JumpCount ++;//  Groundedをfalseにする
                rb.AddForce(Vector3.up * JumpPower);//  上にJumpPower分力をかける
            }
        }
    }

    void OnCollisionEnter(Collision other)//  地面に触れた時の処理
    {
        if (other.gameObject.tag == "Ground")//  もしGroundというタグがついたオブジェクトに触れたら、
        {
            JumpCount = 0;//  Groundedをtrueにする
        }
    }
    }

地面にはGroundというタグをつけましょう
タグのつけ方はこちらを参考にしてください

スペースキーでジャンプして更に、もう一度押すと二段ジャンプができます

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

UnityでTilemapを使って2Dステージを作る

Tilemapとは? マップチップを登録してお手軽に2Dマップが作れるツールです Tilemapに使う素材を入れる

no image

攻撃判定

using System.Collections; using System.Collections.Generic; using UnityEngine; public class GetAnima …

no image

敵を全員倒したらクリア

using UnityEngine; using System.Collections; using UnityEngine.SceneManagement; public class GameCle …

no image

コンボ攻撃

アニメーションの読み込み、アニメーションの名前の変更、アニメーションの遷移の設定 アニメーションの遷移の条件の設定 スクリプトの入力 using UnityEngine; using System.C …

2月6日の勇者ああああでペンギンズのノブオさんがプレゼンしてたゲームの基本だけ作ってみた

右上のボタンをクリックして、引っ越しの人をゴールまで導いてください

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 300733総閲覧数:
  • 16今日の閲覧数:
  • 231528総訪問者数:
  • 15今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com