Unity

UnityでRigidbodyを使ってアスレチックアクションを作ろう

投稿日:2020年1月10日 更新日:

今回作るゲーム

移動やジャンプをして、ゴールを目指すシンプルなアクションゲームです

今回やること

  • プレイヤーの移動
  • プレイヤーのジャンプ
  • アイテムを配置する
  • 制限時間を作る

パッケージのダウンロード

こちらよりパッケージをダウンロードしてプロジェクトに入れて下さい
一応元データも載せておきます
プロジェクトの入れ方はこちら

プレイヤーの移動の作成

プレイヤーの移動のプログラミング

C#の基本的なルールと構造の説明

C#にはいくつかルールがあります。

①スクリプトを作成した時につけた名前と、スクリプトの名前は一致させる
②何をどこに入力するのかエリアを理解する
③エリアとエリアは{}でとじる
④行の最後は;をつける

以上の点をしっかりおさえておきましょう!

スクリプトの作成

Create → C#Scriptをおします

スクリプトの名前はPlayerにします

プレイヤーの移動は
WS:前進後退、AD:方向転換、スペース:ジャンプにします
早速、Assets → ScriptsにあるPlayerスクリプトをダブルクリックして開きます
1-2

コードの入力

では実際に、コードを書いていきましょう。
Scratchで表すと、

というコードを打っていきます

表はこちらにあります。

①このブロックは「ずっと」ではさまれているので、
ゲーム開始後ずっと実行するエリア」に入力します。
②「もし~なら」を入力していきます。表を見てみると、

if(getabako == 1){}

となっています。条件は違うので()の中は空欄にし、

if(){}

と入力しましょう。

③条件は「Wキーが押されたら」です。

Input.GetKey(KeyCode.W)

なので、if(){}の()の中にInput.GetKey(KeyCode.W))をいれます。

if(Input.GetKey(KeyCode.W)){}

となります。

④実行する内容は「10歩動かす」です。

transform.position += transform.TransformDirection(Vector3.forward * 10);

となっているので、
if(Input.GetKey(KeyCode.W))){}の{}の中に、
transform.position += transform.TransformDirection(Vector3.forward * 10);をいれます。

if(Input.GetKey(KeyCode.W)){
transform.position += transform.TransformDirection(Vector3.forward * 10);
}

となりました。

画面がこんな風になっていれば正解です。
13-1.png

入力したら、Unityに戻り、Playerスクリプトをプレイヤーにドラッグ&ドロップします

テストプレイをしてWキーをおしてみると…
14
早すぎて全部突き抜けていきましたね
なので、10の後に「 * Time.deltaTime」を追加で入力しましょう

Time.deltaTimeとは?
これを移動の後に入力すると処理の速度が一定になり、ちょうどいい感じになる

同様に他のブロックも入力してみましょう。

○度回すは

transform.Rotate(new Vector3(0, 15, 0));

です

再生ボタンを押してエラーがないか、確認しましょう。

入力したら答え合わせしましょう
20.png

プレイヤーの重力処理とジャンプの作成

UnityではRigidbodyというものがあり、これをつけると自動で重力がかかるようになります
まずはRigidbodyをつけ、その後、ジャンプのプログラミングをしていきます
プレイヤーを選択し、AddComponentをおし、検索欄に「ri」と入力し、Rigidbodyを選択します

Contraintsの横の▶︎をおし、FreezeRotationのチェックを全ていれます

画像のような内容のスクリプトを入力するのですが、少し難しい内容になります
以下のスクリプトをそのまま打ちましょう
説明については、コメントで記入してありますので、参考にしてください

入力するスクリプト

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class Player : MonoBehaviour
{
    private Rigidbody rb;// Rigidbodyの機能を使うためにrigidbodyという変数を作成
    private bool Grounded;// 地面についているかどうか

    // Use this for initialization
    void Start()
    {
         rb = GetComponent<Rigidbody>();// rbにRigidbodyを代入する
    }

    // Update is called once per frame
    void Update()
    {
        if (Input.GetKey(KeyCode.W))// Wキーがおされたら
        {
            transform.position += transform.TransformDirection(Vector3.forward * 10 * Time.deltaTime);// 前方に10 * 時間経過分動かす
        }
        if (Input.GetKey(KeyCode.S))// Sキーがおされたら
        {
            transform.position += transform.TransformDirection(Vector3.forward * -10 * Time.deltaTime);// 後方に10 * 時間経過分動かす
        }
        if (Input.GetKey(KeyCode.A))// Aキーがおされたら
        {
            transform.Rotate(new Vector3(0, -5, 0));//左回転する        
        }
        if (Input.GetKey(KeyCode.D))// Dキーがおされたら
        {
            transform.Rotate(new Vector3(0, 5, 0));//右回転する        
        }

        if (Grounded == true)// もし、地面に触れていたら、
        {
            if (Input.GetKey(KeyCode.Space))// もし、スペースキーがおされたら、
            {
                Grounded = false;// 地面に触れてないことにする
                rb.AddForce(Vector3.up * 400);// ジャンプする
            }
        }
    }

    void OnCollisionEnter(Collision other)//  地面に触れた時の処理
    {
        if (other.gameObject.tag == "Ground")// もしGroundというタグがついたオブジェクトに触れたら、
            {
                Grounded = true;// 地面に触れたことにする
            }
        }
    }

変数の説明

コードを見てみるとrbやGroundedという変数が使われています
変数についてはUnityでは沢山の種類があるので、詳しくは以下を参考にして下さい

#C#での変数の作り方
①図を参考にして変数を入力していきます。
図1.png
②変数はアクセス修飾子 型 変数名;と入力します。
アクセス修飾子については以下を参考にして下さい。
スライド1.PNG
型については以下を参考にして下さい。
スライド2.PNG
例えば他のオブジェクトでも使用可能なfloat型のgetabakoという変数を作る場合
public float getabako; と入力します。

Rigidbodyなどのコンポーネントをプログラミングで使えるようにする

基本的にはどのコンポーネントもルールは同じです

①変数の部分に

private Rigidbody rb;

というようにprivate “コンポーネントの名前” “変数の名前”を入力します
②void Start(){}の中に

rb = GetComponent<Rigidbody>();

を入力する
③命令を実行する箇所に任意の命令を入れる

rb.AddForce(Vector3.up * 400);

今回はAddforceというRigidbodyに力をかける命令を与えています

物に触れた時の説明

①衝突処理を入力する箇所に入力します
②触れた時の処理は

void OnCollisionEnter(Collision other){}

の{}の中に記述します
③触れたオブジェクトが何かはオブジェクトの名前、またはオブジェクトについているタグで判断します

if (other.gameObject.tag == "Ground")

今回はGroundというタグがついていたら処理が実行されるようになっています
※タグは今回のチュートリアルでは予めつけてあります

テストプレイをしてみると
22
スペースキーでジャンプができるので、ゴールを目指しましょう

カメラがプレイヤーについていくようにする

MainCameraをプレイヤーにドラッグ&ドロップします

そうするとカメラがプレイヤーの子オブジェクトになり、プレイヤーについていくようになります

アイテムを配置する

Item → Prefabsにあるアイテムをドラッグ&ドロップします
32

座標を調整します。xは0、yとzは取りやすい位置にするのがオススメです

いっぱい置いてステージを豪華にしましょう。

お疲れ様でした♪

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Unityで生成したプレファブをリストに追加や削除をする

スクリプトを貼り付けるための空オブジェクトの作成 Create → CreateEmptyをおします Listに入れたオブジェクトを操作する流れ リストに格納したオブジェクトを消します ①リストの作成 …

no image

AssetStoreの使い方

AssetStoreを開く Window → AssetStoreをおします 素材を検索する 検索のアドバイス キャラクターをいれたい : Character テクスチャをいれたい : Texture …

UnityでLerpを使って収縮運動や往復運動をさせる

Lerpとは? transform.localPosition = Vector3.Lerp(スタート地点の座標, 目的地の座標, 移動量); と入力すると、スタート地点から目的地まで移動量ずつ移動し …

秋田のローカルタレントマティログさんのAR写真アプリ

この作品の経緯 秋田のローカルタレントマティログさんが運営するシンプルシナジーに出演した時に作成したものです 操作説明 左下のアイコンをクリックすると、マティログさんが登場します クリックしてアフロ出 …

no image

Unityで3Dシューティングアクションを作ろう④

今回やること 体力ゲージ ゲームオーバー ゲームクリア シーンを変えた時に画面が暗かった時の対応 体力ゲージ 体力ゲージの設定は以下の手順を踏みます。 HandleSlideAreaを削除する(これを …

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 300732総閲覧数:
  • 15今日の閲覧数:
  • 231527総訪問者数:
  • 14今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com