Unity

Unityで生成したプレファブをリストに追加や削除をする

投稿日:2020年1月31日 更新日:

スクリプトを貼り付けるための空オブジェクトの作成

Create → CreateEmptyをおします

Listに入れたオブジェクトを操作する流れ

リストに格納したオブジェクトを消します
①リストの作成
②リストにオブジェクトを追加
③リストに追加されたオブジェクトを指定して消す
という流れになります

入力するスクリプト

入力したら、スクリプトを空オブジェクトにドラッグ&ドロップし、ListObjectにはプレファブ化したオブジェクトをドラッグ&ドロップします

テストプレイをしてみると

左クリックしたら、プレファブが生成され、

右クリックしたら、プレファブが削除されます

リストを見てみると、リストにも追加されたり、

削除されたりします
これによって敵が大量に出る時の管理がやりやすくなりますね♪

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Unityで剣の軌跡のエフェクトをつくる【3D】

今回やること 剣の斬撃エフェクトをパーティクルで作成します 剣で攻撃するキャラクターは別途作成しておきましょう 斬撃エフェクトの作成 Create → Effects → ParticleSystem …

Unityでメッセージウィンドウでの会話機能を作る

スクリプトを貼りけるための空のオブジェクトの作成 Create → CreateEmptyをおします 名前をMessageControllerにします 会話機能のスクリプトの作成 Messageという …

no image

体力ゲージとダメージ処理

Create → UI → Slider とおします Sliderの中にあるHandle Slide Area を削除します Sliderを選択し、POSで位置を調整したり、Scaleで大きさを調整し …

no image

Unityでクリックしたところにブロックを置く

UnityでURLを開く

ボタンの作成 Create → UI → Buttonをおします ボタンの位置を調整します スクリプトの作成 Create → C#Scriptをおします 名前をURLにします 記入するスクリプト [ …

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 163119総閲覧数:
  • 174今日の閲覧数:
  • 120192総訪問者数:
  • 150今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com