Unity

秋田総研のAR作ってみた

投稿日:

こちら

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Unityでデータベースを作成する

はじめに 膨大な数の位置情報や、ゲームのアイテム、キャラクターなどの管理はデータベースを作成し、そこから引っ張り出す形にすると便利です 今回はそんなデータベースを作成していこうと思います データベース …

Unityの便利機能を使いこなそう #1 Terrainでステージを作ろう

Terrainについて Terrainはゲームの地形を作るツールです 画像のような地形を簡単に作ることができます Terrainを出す Create → 3D Object → Terrainを選択し …

Unityで地面の当たり判定を足元だけ取得する【3D】

今回やること Rigidbodyによるジャンプの時に地面の当たり判定を足元だけ取得します コライダーで判定をとる場合、コライダーの下で触れても、上で触れても地面に当たっていることになってしまいます 例 …

UnityでLerpを使って収縮運動や往復運動をさせる

Lerpとは?

と入力すると、スタート地点から目的地まで移動量ずつ移動します [crayon-5f725f3228e4e6191839 …

ブラウブリッツ秋田のブラウゴン応援ゲーム

操作説明 マウスでひたすらクリックするだけです 100回クリックすると…!?

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 103922総閲覧数:
  • 42今日の閲覧数:
  • 74751総訪問者数:
  • 27今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com