Unity

ARプレゼンツール

投稿日:

使用用途

2020.3.27に秋田総研さんが主催したオンラインプレゼン大会Talk Your Will Akita(TYWA)で使用したARプレゼンツールです
Unityでカメラを映し、その空間内にAR的にオブジェクトを表示させてそれに合わせてプレゼンします
今回はアプリを起動し、Zoomで画面共有して使ってます

操作方法

左クリックとかEnterキーを押すだけです

実際の作品

このアプリを使用したプレゼンの様子

【秋田総研】Talk Your Will Akita【2020.3.26】

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

Scratch → Unity対応表を使って迷路ゲームを作ってみよう

今回作るゲーム 今回やることの説明 こんな感じの迷路ゲームを作っていきます。 今回はキャラの移動を実装していきます。 それ以外の要素はパッケージに入っているので、 パッケージのPlayerスクリプトに …

Unityでスコープ機能を実装する

今回やること 画像のようにキーをおしたらズームするようになります 照準の画像も通常時とズーム時で変わるようにします フォートナイトみたいなゲームでよく使われますね 照準の作成 照準の画像が無い場合はこ …

Unityで地面の当たり判定を足元だけ取得する【3D】

今回やること Rigidbodyによるジャンプの時に地面の当たり判定を足元だけ取得します コライダーで判定をとる場合、コライダーの下で触れても、上で触れても地面に当たっていることになってしまいます 例 …

no image

攻撃判定

①当たり判定を出したいキャラクターにスクリプトを取り付ける ②取り付けたスクリプトのobjに出現させたい当たり判定をドラッグ&#038 …

Unityでのジャンプ【Rigidbody,CharacterControllerどちらも対応】

はじめに Unityでジャンプを実装する場合にはいくつかの方法があります その中でも、よく使われるのが、 ①CharacterControllerを使用したジャンプ ②Rigidbodyを使用したジャ …

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 163112総閲覧数:
  • 167今日の閲覧数:
  • 120185総訪問者数:
  • 143今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com