Unity

Unityでマインクラフト風のマップをランダム生成する

投稿日:

今回やること

画像のようにマイクラ風のマップを自動で生成するツールを作成します
こちらを参考にしましたが、マイクラのようにブロックの高さがきっちり分けられるようにしたかったので直してみました

マップを生成するスクリプトの作成

Create → C#Scriptを選択します

スクリプトの名前をMapMakerにして、ダブルクリックして編集画面を開き、以下のスクリプトを入力します

入力するスクリプト

スクリプトをつけるオブジェクトの作成

Create → CreateEmptyをおします

オブジェクトの名前をMapMakerにします

作成したオブジェクトにスクリプトをドラッグ&ドロップします
スクリプトの各設定は

  • Width : ステージの横幅
  • Depth : ステージの奥行き
  • Need To Collider : 作成した Cubeに当たり判定をつけるかどうか
  • MaxHeight : ステージの一番高い部分の高さ
  • Relief : ステージの勾配

テストプレイをすると

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

Unityでデータベースを作成する

はじめに 膨大な数の位置情報や、ゲームのアイテム、キャラクターなどの管理はデータベースを作成し、そこから引っ張り出す形にすると便利です 今回はそんなデータベースを作成していこうと思います データベース …

no image

UnityRemoteで起動するスマホを指定する

スマホをPCに接続します Edit → ProjectSettings をおします Editor → Noneをおして、 iPhoneならiPhoneの機種、 androidなら Any androi …

no image

C#の構造とルール

Unityのデフォルトのスクリプト

C#スクリプトはいくつかエリアに分かれているので、まずはそのエリアについて解説します C#の機能や …

Unity2018のArgumentException: Value does not fall within the expected rangeへの対処法

さて、Unityで2018にアップデートすると、 ArgumentException: Value does not fall within the expected rangeというエラーがずっと出 …

Unityで制限時間や得点を表示する

Score&Time もくじ 得点を表示する 制限時間を表示する 得点を表示する 文字を作成 Create → UI → Textをおします Canvasの横の▶をおし、Tex …

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 171055総閲覧数:
  • 102今日の閲覧数:
  • 126196総訪問者数:
  • 83今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com