Unity

UnityでフォートナイトみたいなTPSを作るチュートリアル

投稿日:2019年3月1日 更新日:

今回つくるもの
こんな感じのTPSを作ります

今回やること
  • ステージの作成
  • プレイヤーの設定
  • プレイヤーの移動
  • アニメーターの設定
  • 敵を倒せるようにする
  • 敵の作成
ステージの作成

こちらにまとめておきましたので参考にして下さい

プレイヤーの設定

こちらで作成したモデルを入れていきます

Unityの細かな操作方法、設定等は漫画にまとめておきましたので、操作が分からなかった場合は参考にして下さい

素材を作るの面倒くさいよーって人はこちらにまとめておいたのでダウンロードしてからインポートして下さい
プレイヤー以外にも銃、照準も入れてありますのでそれらを使いたい場合もダウンロードして下さい

インポートしたら、待機アニメーションと銃をドラッグ&ドロップします

プレイヤーを選択し、AddComponentをおして、CharacterControllerとCapsuleColliderを取り付け、数値を設定してちょうどいいように合わせます

MainCameraをプレイヤーに、銃をプレイヤーのLeftHandにドラッグ&ドロップします

銃をちょうどいい位置、向き、大きさに合わせます

カメラもちょうど良い位置に合わせます

プレイヤーの移動

プレイヤーが移動するようにプログラミングしていきます
今回はマウスの移動で視点切り替え、WASDで前後左右の移動をできるようにします

Playerというスクリプトを作成して以下を入力していきます

 

作成し終えたらVarRotにはMainCamera、HorRotにはプレイヤーをドラッグ&ドロップし、JumpPower、MoveSpeedには数値の入力を行います

アニメーションをつける

こちらを参考にアニメーターの設定をしましょう
※こちらの説明だと攻撃のアニメーションも追加していますが今回は攻撃は設定しないので走るだけ設定してください
 変数もRunのみ作成で大丈夫です

続いてPlayerスクリプトに追記します
コメントを記載しているところが追記部分です

 

敵を倒せるようにする

敵を倒すにはRayという機能を使います
RayとはUnityについてる機能のことで、透明な光線を飛ばして、色々な判定を取ることができます

照準になる画像をいれます
Create → UI → Imageをおします

PosX、PosY、PosZを0にして、○をおして照準にしたい画像を選びます
照準の画像は自分で作ってもいいですし、初めの素材のダウンロードのところにも入っています

では、再びPlayerスクリプトに追記していきます

 

入力し終わったら爆発エフェクト、MainCameraをドラッグ&ドロップします
※爆発エフェクトはAssetStoreでダウンロードしておいて下さい

敵を作成する

今回はとりあえずCapsuleにしておきます(凝りたい人はプレイヤーの作成で行ったようなことをやってみて下さい)
Create → 3DObject → Capsuleをおします

動きはシンプルにプレイヤーに向かってくるようにします
新しくEnemyスクリプトを作成し、以下を入力していきます

 

入力してスクリプトをCapsuleにつけてTargetの部分にプレイヤーをドラッグ&ドロップします

敵にEnemyというタグをつけます
敵を選択し、Untagged → AddTagをおします

Enemyと入力し、Saveをおします

作成した敵は複製して色々な場所に配置しましょう
また、こちらのスクリプトを敵に入力すれば、徘徊したり、近づいたら向かってくるなど、簡易的なAIが作れます

ゲームクリアをつくる

Create → UI → Textをおします

画像のように調整します

敵を全員倒すとClearの文字が表示されるようにPlayerスクリプトに追記していきます

 

入力し終わったらClearの文字をドラッグ&ドロップします

テストプレイすると、WASDで走って、マウスで向きが変わり、スペースでジャンプします
クリックすると敵を倒すことができますね

以上で一応出来上がりです♪

番外編:マウスのカーソルの管理
PCでプレイをするとマウスのカーソルが表示されていたり、画面外に出たりと、邪魔くさかったりします
それを直すには以下のように追記します

 

ただ、こちらビルドしないと反映されません
アプリ化とかもしたい場合はこちらを追記すると良いでしょう
お疲れ様でした♪

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

衝突判定のまとめ

入力する箇所 衝突するオブジェクトがすり抜けない場合

{}の中には実行する内容を入力する 衝突するオブジェクトがすり抜けない場合の注意 …

blenderで車のモデリングをしてから、ペジェでコース作って、Unityでマリオカートみたいなレーシングゲームにするてんこもりなチュートリアル

こんな感じのマリオカートみたいなレーシングゲームを作ります https://getabakoclub.com/wp-content/uploads/2018/11/douga2.mp4 車体を作る様子を …

no image

「ゲームが作れる!」と言い切れるようになるために

さて、僕は子どもにゲーム作りを教えてそれによって子どもの表現力を伸ばすという仕事をしています。 その過程でまず習得に必要なツールとして、 ①Scratch これはプログラミングに必要な最低限の知識を習 …

漫画で分かるUnity #1 基本操作編

Unityで必ず理解しておいてほしい基本操作を漫画でまとめてみました♪ とりあえず、今からUnity始める人はこの漫画で基本を覚えてからやってみてください

no image

秋田総研のAR作ってみた

こちら

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 122261総閲覧数:
  • 264今日の閲覧数:
  • 88834総訪問者数:
  • 201今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com