Unity

UnityでTilemapを使って2Dステージを作る

投稿日:2019年9月26日 更新日:

Tilemapとは?

マップチップを登録してお手軽に2Dマップが作れるツールです

Tilemapに使う素材を入れる

素材
Assets → Import New Assetをおします

使いたいマップチップを選択してImportをおします
※マップチップは横一列になっていると後々の設定が楽になります

マップチップの設定をする

①Sprite(2D and UI)にする
②Multipleにする(複数画像の場合)
※一枚の画像の場合はSingleにします
③画像一枚あたりの横幅の大きさにする
※今回は三枚の横幅が384なのでそれを3で割った128にしています
④Point(no filter)にします
※これによって画像がくっきり表示されます

マップチップを分割する

Sprite Editorをおします

Sliceをおし、①をGrid By Cell Countにし、②を横の画像の枚数と縦の画像の枚数にして、Sliceをおします
※今回は横の画像が3枚で縦の画像が1枚なので3と1を入力しています

×をおすと、メッセージが出るのでApplyをおします

Tilemapを使えるようにする

Create → 2D Object → Tilemapを選択します

Window → 2D → Tile Palleteを選択します

ウィンドウが表示されるので、Create New Palleteをおし、Createをおします

フォルダーの選択をおします

マップチップをTile Palleteに入れる

マップチップの横の三角をおすと、分割された状態の画像が表示されます
それを表示されたパレットにドラッグ&ドロップします

フォルダーの選択をおします

画像のようにパレットにマップチップが追加されていれば成功です

ペンでマップを描く

ペンを選択して、塗りたいマップチップを選択すると1マスずつ塗れます

四角ツールでマップを描く

□を選択すると一気に描くことができます

その他塗りつぶしや消しゴムもあるので上手に使ってマップを作ってみましょう

地面に当たり判定をつける

Tilemapを選択し、AddComponentをおします

検索欄にtiと入力し、Tilemap Collider 2Dを選択します

これで一気に描いたマップに当たり判定が反映されます

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

このサイトについて

ここには、自己紹介やサイトの紹介、あるいはクレジットの類を書くと良いでしょう。

検索

-Unity

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

UnityRemoteのダウンロードと設定

PCとスマホを接続してお手軽にVRを楽しんだり実機でテストプレイするにはUnityRemoteというアプリが必要です UnityRemoteはPCと接続してUnityでテストプレイすると画面をスマホに …

UnityでURLを開く

ボタンの作成 Create → UI → Buttonをおします ボタンの位置を調整します スクリプトの作成 Create → C#Scriptをおします 名前をURLにします 記入するスクリプト [ …

UnityのButtonの使い方

ボタンを作る Create → UI → Buttonをおします ボタンの設定 座標を設定します ※0,0,0にすると画面の中央にきます ①通常時の色 ②マウスカーソルが重なった時の色 ③ボタンがおさ …

no image

攻撃判定

①当たり判定を出したいキャラクターにスクリプトを取り付ける ②取り付けたスクリプトのobjに出現させたい当たり判定をドラッグ&#038 …

no image

左クリックで弾を飛ばす

ゲタバコ倶楽部へようこそ

  • 92100総閲覧数:
  • 45今日の閲覧数:
  • 65440総訪問者数:
  • 36今日の訪問者数:

住所
Akita,Japan

営業時間
月~日: 10:00 AM – 10:00 PM

このページはゲタバコ先生の日々思うことや活動、プログラミングの習得方法を発信するページです。
仕事のご依頼、メッセージ等、サービス概要をご覧の上で、お気軽にご連絡ください。

getabakosensei@gmail.com